プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン ガーメントプリンタの新製品「SC-F2250」「SC-F22H5」を発表 DTFに対応&使いやすさを実現

【2023年7月12日】エプソンは7月26日、ガーメントプリンタの新製品「SC-F2250」「SC-F22H5」を発売する。

ガーメントプリンタは、Tシャツやトートバッグなどの布製品に直接プリントが可能で、多品種少量生産が求められるオーダーグッズショップや個人アパレルブランドなどに適している。
新製品は、使い勝手の良さを追求し、本体デザインに刷新。印字品質改善に加えて、使いやすさと作業効率向上を実現しているという。

新たに開発された「PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド」は1.33インチで、ノズル数が従来の2,880から3,200に増加し、これにより印刷速度が約25%向上した。

プラテン(プリント用の台)は、送りを改良し、オーバーラップ領域を持たせることでバンディングや粒状感を低減させ、画質も向上した。セットした布製品やフィルムなどのメディアとプリントヘッドとの距離を自動で調整する、「プラテンギャップ自動調整機能」を新たに搭載し、オペレーターの工数を削減する。

また、本体設計を全面的に見直し、従来機より奥行を約10cm短くし設置面積を縮小。冷却ファンがない設計のため稼働音が小さく、壁近くでの設置も可能になった。天面での作業が可能なフラットな本体デザインや、4.3インチタッチ式の操作パネル、機内照明を採用するなど使い勝手が大きく向上した。

インクシステムをインクカートリッジ式から、パウチ式の大容量800mlインクパックに変更することでインク交換の頻度を低減し、作業効率も向上している。

「Direct to Film(DTF)プリント」も対応した新ソフトウェア「Garment Creator2」を搭載。ガーメントへのダイレクト印刷に加えて、「DTFプリント」にも対応する。

DTFに対応することで、従来プリントが難しかった小物など作成可能なアイテムの幅が広がる。

価格は「SC-F2250」が1,560,000円「SC-F22H5」(保守購入同時5年セットモデル)が1,980,000円。
同社では「SC-F2250/SC-F22H5」の販売台数を発売後1年間で約100台としている。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.