プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

エプソン 水平型ドットインパクトプリンタ「PLQ-50S」の発売日を2023年 2月14日に決定 複写伝票印刷業務に最適

LINEで送る

【2022年12月20日】エプソンは7月に発表した、発表した水平型ドットインパクトプリンタ「PLQ-50S」の発売日を2023年 2月14日(火)に決定した。

ドットインパクトプリンタは、販売管理・会計関連伝票、送り状、産廃マニフェスト伝票、各種点検記録表の発行など、さまざまなビジネスシーンの複写伝票印刷業務を行える。

「PLQ-50S」は、コンパクトで給紙のしやすさを追求した単票紙専用モデル。単票紙専用モデルで、A4などの定型帳票の他、通帳などの冊子印刷にも対応している。
単票紙に特化しているため、用紙を斜めにセットしても給紙位置を自動で補正する「カンタンセット機能」をつけ、給紙のしやすさを追求した。

従来機PLQ-30Sと比較し、印字の高速化と、1.44インチカラーLCDパネル装備によりエラー時の対処方法を分かりやすく表示するなど操作性を向上させている。

エプソンは今年9月、水平型ドットインパクトプリンタの新製品として、106桁の「VP-F2400」「VP-F2400N」「VP-F2100」「VP-F2100N」を先行して発売しており、「PLQ-50S」もこれらのシリーズとなる。
これらの製品は、国際エネルギースタープログラムに適合し(現行機VP-F2000、VP-2300は非適合、PLQ-30Sは適合)、スリープモード時の消費電力を低く抑えている。また従来から、本体個装箱は再生材(古紙)80%使用し、環境に配慮したものづくりに取り組んでいる。

同社では、新製品の今後1年間の目標販売台数を合計で約3,000台としている。

商品の詳細
www.epson.jp/products/dotprinter/

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.