プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコー ジェルジェットプリンターの新製品「RICOH SG 3300」「RICOH SG 2300」を発売

LINEで送る

【2022年10月7日】リコーは10月13日(木)、ジェルジェットプリンタの新製品として、「RICOH SG 3300」「RICOH SG 2300」を発売する。


「RICOH SG 3300」

「RICOH SG 3300」「RICOH SG 2300」は、それぞれ「RICOH SG 3200/3200 安心3年モデル」「RICOH SG 2200/2200 安心3年モデル」の後継商品に位置づけられる。
サイドデスクの上や棚などに設置が可能なコンパクトな設計ながら、より安心して業務に活用可能な、無償保証期間3年の製品のみに一本化し、前身機種を上回る30万ページの高耐久性を実現した。


「RICOH SG 2300」

また、POPや薬袋といった薄紙・厚紙や特殊紙まで、さまざまな用紙に対応。設置場所に制約があるなかでPOPやラベルの印刷を行っている店舗のバックヤードや、薬袋や領収書など多岐にわたる種類の用紙を大量に出力する調剤薬局など、限られたスペースにおいて高性能を発揮し、業務効率化に貢献する。

リコーは、デジタルデバイス・サービスの活用によるワークプレイスの変革を通じて、お客様のよりよい働き方の実現を支援してまいります。

「RICOH SG 3300/2300」は、用紙に付着した瞬間にゲル状になる「GELJETビスカスインク」を使用。普通紙に印刷してもこすれない高い定着性で、にじみのない高画質で出力できる。

標準トレイやマルチ手差しフィーダー、増設トレイにそれぞれ異なるサイズ・種類の用紙を同時にセットし、最大5パターン、1,100枚の給紙が可能。
背面装着のマルチ手差しフィーダーは、用紙のストレート搬送が可能。用紙全面を静電吸着ベルトで支えて搬送する機構により、POPや薬袋、熨斗など薄紙・厚紙や特殊紙までさまざまな用紙に対応できる。

無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)に標準対応。さらにIEEE802.11a/n は5GHz帯に対応。他の電化製品の電波干渉を受けづらいため、設備の多い店舗バックヤードなどで無線での利用できる。
専用アプリ「RICOHカンタンGELJETプリント」を利用してGoogle ChromeOSから出力可能。

 

LINEで送る

Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.