プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

マーケットリサーチセンタ- 調査レポート「世界の食品用ラップフィルム市場2022年-2026年」提供を開始

LINEで送る

【2022年12月1日】マーケットリサーチセンタ-は11月29日、調査レポート「世界の食品用ラップフィルム市場2022年-2026年:素材別(アルミニウム製、プラスチック製)、エンドユーザー別(食品加工、外食、小売)」の販売を開始した。
同レポートには、食品用ラップフィルム市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれている。

イメージ グラフ

食品用ラップフィルムは、食品業界における安全で衛生的な包装製品のニーズの高まりにより、世界市場シェアは予測期間中に増加すると予想されている。

一方、新型コロナウイルス感染拡大のピーク時には、食品用ラップフィルムの需要は、わずかに減少。しかし、外食産業が、安全で耐久性があり、費用対効果の高いラップフィルムで食品を配送しており、パンデミック時の損失をカバーするため、生産能力の拡張に着手し、世界市場の成長予測は、ポジティブなものになるという。
特にフードサービス部門の拡大が食品用ラップ市場の成長につながっており、フードサービス部門の発展が食品用ラップ市場の拡大に拍車をかける。

食品ラップフィルムの需要面では、アルミ製ラップフィルムが市場の大半。アルミニウムベースのラップフィルムは、軽量な素材で、耐水性に優れ、熱や紫外線の影響を受けにくく、環境に優しいため、世界中で常に需要が高まっているという。

食品用ラップフィルムでは、シルクフィブロインフィルムが採用されており、果物や野菜、肉、乳製品などに採用され、世界中で一貫して増加している。

レポートの詳細は以下から
https://www.marketresearch.co.jp/data1/food-wrap-films-market-material-type-aluminum-and-plastic-and-end-user-food-processing-food-service/

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.