プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

市場調査レポート「ハニカム包装の世界市場規模予測」 2021年119億7000万$(CAGR7.6%)、2028年199億9000万$に


【2022年8月19日】グローバルインフォメーションはこのほど、市場調査レポート「ハニカム包装の世界市場規模予測(~2028年):包装タイプ別、素材別、エンドユーザー別、地域別の分析」(Stratistics Market Research Consulting刊行)の取り扱いを開始した。

グラフ イメージ

この調査によると、ハニカム包装の市場規模は、2021年の119億7000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2028年には199億9000万米ドルに達すると予想されている。
ハニカム構造は、ハニカムの幾何学的形状から作成され、安全性を高めることができることから、かさばる製品や自動車部品の包装などに効果的です。製品は、ハニカム包装のための要素を作るために2つの薄い紙シートで製造されている。

同市場をけん引するのは、eコマース・プラットフォーム分野で、製品の健全で安全な配送を保証する包材として活用されている。

一方、製品は、加工や生産が難しく、段ボール箱のような箱型の立体を簡単に作ることができないため、生産工程における自動化技術に課題が残る。また、ハニカム芯材の形状は、モデル化や加工が難しいため、計算コストがかかる。
コア材料は、弾性直交特性を有する単純な等価体積に置き換えられる可能性があり、これがハニカムコア市場の成長を抑制する要因となっている。

このほか、板紙ハニカムについては、輸送中の家電製品や産業機器などを保護するための箱やパレットに利用されるため、最も有利な成長を遂げると予測されている。

詳細とサンプルは以下から
https://www.gii.co.jp/report/smrc1098567-honeycomb-packaging-market-forecasts-global.html

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.