プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 バリア紙パックで中栓なしの「プルレスキャップ」を開発 5月下旬発売


【2018年5月17日】凸版印刷はこのほど、バリア紙パック「EP-PAK(イーピーパック)」シリーズで、中栓なしで密封性を保持できる新口栓「プルレスキャップ」を開発。5月下旬、飲料や酒類業界向けに発売する。

凸版印刷 EP-PAK イーピーパック プルレスキャップ

「EP-PAK」は凸版印刷が開発した口栓付き液体用紙製容器で、内容物の保護性に優れ、常温での長期保存が可能。
清酒や焼酎などの飲料はもちろん、業務用ヘアケア剤やカー用品など、幅広い分野での採用実績がある。

新製品「プルレスキャップ」は、独自開発の構造設計により、プルリング形状の中栓を排除しながら、密封性を保持できるようにした。中栓がないため、キャップを回して外すだけで開封できる。

開栓状況を目視で確認可能なタンパーエビデンス機能や、開封時に手が滑りにくく開けやすい独自形状を導入するなど、利便性が向上している。
製品価格は「EP-PAK」の従来口栓と同等を維持していることも特長の一つ。

なお、同製品は第一弾として、福岡県久留米市の鷹正宗が5月下旬から販売する本格麦焼酎「めちゃうま麦2Lパック」で採用が決まっている。

凸版印刷 EP-PAK イーピーパック プルレスキャップ

今後、凸版印刷は今後、本製品を清酒や焼酎などの酒類業界はもちろん、飲料業界などにも拡販。2018年度に約2億円の売上を目指す。

 

プルレスキャップの紹介動画

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.