プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

紙のエレクトロニクス応用研究会 「第14回技術研究発表&交流会」 3月19日、東京都千代田区外神田で


【2018年2月18日】紙のエレクトロニクス応用研究会(紙エレ研)は3月19日(月)午後3時から、東京都千代田区外神田の「3331Arts Chiyoda B1F 105教室(マルチスペース)」で「第14回技術研究発表&交流会」を開催する。

紙エレ研は、銀ナノインクによる電子回路のプリントを中心に、紙を加工した技術やサービスについて研究している。

研究会には技術者のほか、技術を将来活用する可能性のある印刷会社や広告代理店、資機材メーカーなど、幅広い業界から入会があり、毎回多くの人が参加している。

プログラム

今回の発表者と縁で位は以下の通り。
・白川直樹氏(産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス 研究センターハイブリッドプロセスチーム 総括研究主幹)
「印刷銅配線の実用化を目指した低温プラズマ焼結技術の開発」

・久保田秀明氏(凸版印刷 情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター シニアクリエイティブディレクター)
「印刷表現と導電インキとの可能性の考察」

・小玉文氏(BULLET アートディレクター・グラフィックデザイナー)
「紙を魅力的に用いたデザイン」

このほか、事務局からの報告や今後の主な日程などについても発表される。

 

開催概要

開催日:2018年3月19日(月曜日) 15:00-17:00(受付:14:30)17:00-18:30 交流会
会 場: 3331Arts Chiyoda B1F 105教室(マルチスペース)東京都千代田区外神田6丁目11-14 (☎ 03-6803-2441)

参加申し込み、問い合わせは以下から。

公式サイト
http://www.paperelectronics.org/

facebook公開ページ
https://www.facebook.com/PrintedElectronics

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.