プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

セイコーエプソン 富士見事業所(長野)で1名が新型コロナウイルスに感染 同社では3日連続


【2020年4月13日】セイコーエプソンは4月10日、富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)社員1名が、新たに新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

この社員は8日に感染が判明した社員の濃厚接触者で、保健所による検査を実施した結果、9日、陽性と判明した。現在、医療機関に入院しているが、軽症という。

なお当該社員は、業務上、顧客など外部との濃厚接触はない。
現在、富士見事業所における濃厚接触者として、さらに1名が保健所による検査を受けており、10日19時現在、結果待ちとなっている。

同社は、すでに保健所の指導に基づいて、濃厚接触の可能性がある社員に対する自宅待機や関係するエリアの消毒などを実施。引き続き、感染の拡大防止を図る。

感染状況については、情報がわかり次第、発表する予定。

エプソンの感染拡大防止施策については、下記ホームページから
www.epson.jp/support/misc_t/200227_oshirase.htm

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.