印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」 キングジムのデジタル名刺ボックス「ビズレージ」に対応


【2016年5月25日】メディアドライブは5月24日、名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」が、キングジムのデジタル名刺ボックス「ビズレージ(DNX100)」と連携に対応したことを発表した。

「ビズレージ」は名刺をデータ化するのに最適なスキャン機器。名刺約15枚を連続で両面スキャンすることができ、本体メモリに約400枚の名刺画像を保存できる。このため、パソコンとすぐに接続できない場合や、接続したパソコンが起動していない場合でもスキャンが可能。スキャン後の名刺は本体の名刺保存ボックスに最大800枚保存できるため、電源があれば「ビズレージ」だけでセミナーなどの受付名刺管理ができる。

【KING JIM製品画像】ビズレージ

「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、スキャンした名刺画像を取り込み、名刺に記載されている氏名、社名、住所などを文字認識(OCR)することでテキストデータに変換し、住所録データベースとして名刺情報を管理・検索できる。さらに名刺データをCSV形式に出力しての活用にも対応する。
やさしく名刺ファイリング 14

「ビスレージ」と「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」を連携することで、収集した名刺を簡単にリスト化することができ、セミナーやイベントなどで来場者へのフォローを素早く行うことが可能となる。
また「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、名刺管理クラウド「THE 名刺管理 手動訂正サービス(有償)」と連携している。

「ビズレージ」でスキャンした名刺画像をキングジム社が無料公開する連携用アプリ「DNFコネクター」はキングジム公式サイトで無料公開されている。

問い合わせはメディアドライブ営業部 パッケージ営業グループ(☎03-5541-9620)まで。


「DNFコネクター」について


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.