プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

リコーと大成建設 プロジェクションマッピング利用の「墨出し技術」高度化を実現 誤差2㎜以内&大幅省力・時短化

【2023年10月23日】リコーと大成建設は、「生産プロセスのDX」の一環として、プロジェクションマッピングを利用した墨出し技術「T-iDigital MARKING」の高度化を実現した。

これは両社が共同開発を進めてきたもので、高品質で、高精度な墨出し技術を実現している。
新技術では、図面との投映誤差を概ね2㎜以内に抑え、投映面積を従前の3.5倍以上に拡大したことで、専門工事業者が工種ごとに行う墨出し作業の合理化・省力化による一層の生産性向上が図れる。

建設工事で行う「墨出し」は工程の最初の作業。これは設計図や施工図等に記載されたさまざまな基準線、設備機器といった位置などの寸法情報を、実際の施工現場に原寸大で描き出す重要で不可欠なものだが、多くの手間と時間を要していた。

大成建設では2021年、「T-iDigital MARKING」を開発。プロジェクションマッピングを利用し、建物の床面に原寸大で投映した図面をもとに、作業員が直接マーキングすることにより、正確で迅速な墨出しを可能した。

今回の新技術では、4K超短焦点プロジェクターを新規に開発し「T-iDigital MARKING」の複数機能を拡張。建設現場に導入し、墨出し作業の効率化と生産性向上に有効であることを実証したという。

今後、両社は、建築・土木分野の建設工事で用いる墨出し作業全般に本技術の積極的な導入を図ることで、生産プロセスDX化による建設現場の生産性向上に向けた取り組みを推進する。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.