プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 刀剣鑑賞を高精細なアーカイブデータで 実物の10倍を超える拡大で刃文や地鉄の細部まで再現

LINEで送る

【2022年12月4日】凸版印刷は12月3日、高精細なアーカイブデータを活用。実物の10倍を超える拡大によって通常では見ることが難しい刀剣の刃文や地鉄の細部まで鮮明に確認できる高品質デジタル鑑賞体験システムを開発した。

凸版印刷は2022年2月、手元で刀剣の輝きを堪能できるスマートフォン向けアプリ『刀剣鑑賞』の販売を開始した。
今回、刀剣鑑賞体験を最大化することをテーマに、スマートフォンアプリでは圧縮して使用していた高精細なデジタルアーカイブデータをそのまま使用。その品質を最大限に生かした緻密な質感表現を高輝度ディスプレイの大画面で体感する鑑賞システムを開発した。

同鑑賞体験システムは、高精細なアーカイブデータを遅延なく描画可能。さらに自身のスマートフォンをコントローラーとして使用して直感的に3次元で動かしながらの操作に対応している。また、拡大や縮小をスムーズに行い、さらに実際に刀剣を手に取り鑑賞する所作を疑似体験できる。

今回、岡山県瀬戸内市の協力のもと、国宝「太刀 無銘 一文字(山鳥毛)」のデジタル展示を、備前長船刀剣博物館で開催されるテーマ展「刀装具-使う・見せる・彩る-」で期間限定初公開した。

今後、凸版印刷は、刀剣をはじめとする文化財のデジタル鑑賞体験を美術館や博物館の普及を促進し、文化財保護や活用に向けた持続的な事業活動を行っていくという。

 

開催概要

会場:備前おさふね刀剣の里 研修館 ロビー(岡山県瀬戸内市長船町長船966)
期間:12月3日(土)~12月11日(日)
体験可能時間:備前長船刀剣博物館の開館時間に準ずる
鑑賞料金:無料(但し、博物館の入館料が必要)

「合口造鞘黒蝋色塗柄革巻拵「国宝 太刀無銘 一文字(山鳥毛)附」」 展示情報
展覧会名:テーマ展「刀装具-使う・見せる・彩る-」
会場:備前長船刀剣博物館(岡山県瀬戸内市長船町長船966)
期間:12月3日(土)~12月11日(日)
開館時間:9:00~17:00(入館の受付は16:30分まで)
休館日:月曜日
鑑賞料金:一般800円(500円)、高大生500円(300円)、中学生以下無料
展覧会の詳細は、備前長船刀剣博物館のWebサイト
https://www.city.setouchi.lg.jp/site/token/

スマートフォン向けアプリ『刀剣鑑賞』公式Webサイト
https://toukenapp.jp

 

LINEで送る

Copyright © 2023 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.