プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

日本HP ポケットサイズのミニプリンタ「HP Sprocket」などを順次発売 スマホで操作・その場で出力


【2018年10月25日】日本HPは11月1日(木)から順次、ポケットサイズのミニフォトプリンタ「HP Sprocket(エイチピー スプロケット)」と、スマートフォンで操作可能なコンパクトなA4対応個人向けプリンタ「HP Tango(エイチピー タンゴ)」シリーズを発売する。

HP Sprocket

ポケットサイズのミニフォトプリンタ「HP Sprocket」は、スマートフォンで撮影した写真や動画を、専用の「HP Sprocketアプリ」を使って、その場で編集、プリントして友人や家族などと共有することができるミニフォトプリンタ。80×117.5×25㎜のポケットに入るサイズのコンパクトな筐体にバッテリーを内蔵している。

本体カラーはルナ(グレー)とブラッシュ(ピンク)の2色。
用紙は背面シール付きZINK用紙を採用。インクカートリッジやリボンが不要で、サイズは2×3インチ(5.0×7.6㎝)、カードのままでもシールにしても利用できる。

捜査は専用アプリ「HP Sprocketアプリ」を用意。フォトフレーム、オリジナルスタンプ、文字の追加など、編集が可能。連続写真を1枚に印刷、複数枚を合わせて大きく印刷などのアレンジに対応する。
Bluetooth接続で、スリープモードからでも印刷可能。
また、最大3名まで同時接続できる。

このほか、スマートフォンで撮影した動画の1シーンを選んで印刷したものを「HP Sprocketアプリ」でかざして見ると動画が再生されるなど、AR機能も搭載している。

〈デジタル生活にフィットするコンパクトプリンタ「HP Tango」シリーズ〉
スマートフォンの専用アプリで操作可能な「HP Tango」シリーズは、生活空間にさりげなく
溶け込むシンプルなデザインを採用したA4対応の個人向けプリンタです。アプリと
スマートフォンのカメラを使って、簡単にドキュメントのスキャンやコピーが利用できます。

 

「HP Tango」シリーズ

「HP Tango」シリーズは、シンプルでコンパクトなデザイン:「HP Tango」はホワイトカラーの筐体に最小限のボタン、白のLEDライトによるステータス確認などシンプルなデザインで仕立てられた小型のプリンタ。
排紙トレイとデザインのアクセント、埃よけを兼ねたグレーの布素材のカバーが付属する。
印刷中や用紙切れの時に用紙トレイをLEDで照らすガイド用ライトを搭載しており、モダンなインテリアに溶け込む。

こちらも専用アプリ「HP Smart アプリ」を使用して操作でき、モバイルデータ通信やリモートWi-Fi接続を利用してどこでも印刷可能。

スマートフォンのカメラで書類を撮影し、スキャン、コピーが可能。「HP Smartアプリ」で撮影した書類を補正し高品質のスキャンを可能にした。

新製品はいずれも、日本HPのオンラインストアHP DirectplusやHP Directplusコールセンター、HP Directpartner および一部量販店にて、11月1日から順次販売を開始する。

価格などは以下の通り

HP Sprocket:14,800 円(11月下旬予定)
HP Tango X:20,800 円(11月1日)
HP Tango:17,800 円(11月1日)

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.