プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印 物流支援ロボットとRFI組み合わせ無人化 自動認識総合展で披露 今日から14日まで


【2018年9月12日】ZMPの物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」と、凸版印刷のRFIDを組み合わせた無人棚卸ソリューションの開発を進めている。

CarriRo 凸版印刷

「CarriRo」は活用し倉庫や工場内で無人での搬送を実現する物流搬送ロボット。
同ソリューションでは、路面に貼られたランドマークをCarriRoに搭載したカメラにより識別することで進行方向を定め、完全な自律走行を実現する。
電波を外向きに照射するRFIDリーダを搭載したRFIDキットをけん引することで、 CarriRoが無人走行をしながらRFIDを読み取る。

ZMPと凸版印刷は今後、このソリューションの開発や実証実験を進め、 2019年までに「CarriRo Connect(キャリロコネクト)」として、 CarriRo×RFIDによるソリューションの製品化を目指す。

昨年、両社は自動認識総合展で、自動運転制御開発車両プラットフォーム「RoboCar(R)(ロボカー)」によるCarriRoの複数台追従走行を公開。今年は単体で自動走行するCarriRoと、棚卸時にけん引して使用するRFIDキットの試作を完成させた。
「第20 回自動認識総合展」は今日9 月12 日から14 日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されている。

 

第20回自動認識総合展

開催日程 2018年9月12日(水)~14日(金)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 西ホール ※凸版印刷ブース:D-05
公式サイト
http://www.autoid-expo.com/tokyo/

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.