印刷業界とユーザーをつなぐニュースサイト 

会社の複合機を私的利用可能に! 福利厚生と適正利用で妙案  「こんぷりんビジネス」リコーとビーマップが開発


【2017年1月10日】リコーとITインフラの構築で知られるビーマップは1月10日、企業内にある複合機を、個人が私的でありながら適正に利用できる新サービス「こんぷりんビジネス」の提供を開始した。

「こんぷりんビジネス」は、複合機利用の際に個人をICカードで認証し、それぞれに印刷費用を決済できるシステム。
これにより、社員は社外のコピー機に割高な料金を払うことや、性能の低い家庭用プリンタで大量のプリントをするといった不便を解消できる。
一方、企業は社員の福利厚生に自社の複合機を活用でき、個人の適正利用を促進できる。

リコー こんぷりんビジネスシステム

社内での個人利用のほか、Webでのデポジットポイントの購入などのシステムを活用すれば、シェアオフィスや集合店舗施設などでの、複合機の共用も可能になる。
また、ビーマップが提供するアイドルやアニメ関連商品、同人誌、情報誌などの購入(プリント)ほか、販促用のクーポンやO2O2O(オンエアー・ツー・オンライン・ツー・オフライン)関連商品など、さまざまなコンテンツを印刷できるサービスを、利用できるサービスも活用できる。

リコーは2016 年5 月に10.1 インチの大型フルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を全モデルに搭載した新世代のデジタルカラー複合機を発売。
複合機の操作パネルから専用のアプリケーションサイトに接続し、簡単・手軽に、多彩なアプリケーションを複合機にダウンロードできるシステムを提供している。

ビーマップ
https://www.bemap.co.jp/


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイト) . ALL Rights Reserved.