プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

アサヒ飲料 ラベルに不織布採用で保温効果「おいしい水 天然水 白湯」を発売 温かさを長時間キープ

【2023年9月19日】アサヒ飲料は9月19日、「アサヒ おいしい水 天然水 白湯」を発売する。

同商品は、ラベルに不織布素材を使用していることが特徴。不織布はラベルとしての表示機能のほかに、中身が冷めづらいといった特性があり、ホットで飲む飲料などで効果を発揮する。
価格は113円(税込み)。

同社の調査では、ホットの飲料に「温かさの持続」が求められていることがあきらかになっており、今回のリニューアルで、不織布素材の保温ラベルを採用したという。
同ラベルの使用により、商品を55℃まで加温し、気温10℃の環境で温度変化を測定した際、現行品と比較して液温40℃以上が約1.3分長く持続し、最大で1.0℃の液温差を確認しているという。

「アサヒ おいしい水 天然水」の購入者からは「ずっと発売して欲しいと思っていた」「ノンカフェインで助かる」「シンプルにおいしい」「夏場でも販売して欲しい」などの声が寄せられている。

白湯の飲用経験率は年々増加しており、女性だけではなく、男性の飲用経験率も増えており、同社の2023年4月末までの累計販売本数は、当初の販売計画の約3倍を記録している。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.