プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

H&Iグローバルリサーチ Technavio発刊の「包装用樹脂の世界市場2018-2022:消耗電極型、非消耗電極型」調査レポートの取り扱いを開始


【2018年12月8日】H&Iグローバルリサーチはこのほど、Technavio発刊の「包装用樹脂の世界市場2018-2022:消耗電極型、非消耗電極型」調査レポートの取り扱いを開始した。

同調査レポートでは、包装用樹脂の世界市場について調査・分析。市場概要、市場環境、包装用樹脂市場規模、エンドユーザー別(食品・飲料、消費財、医療分野、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成で掲載している。

包装用樹脂は、ポリマーの一種で、製品の品質を維持し保存期間を長くするためさまざまな用途の包装に使われる。
Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間に、世界の包装用樹脂市場が7.75%で成長すると予測している。

主な分析対象企業は、BASF、China Petrochemical Corporation、DowDuPont、Exxon Mobil Corporation、Merck、SABICなど。

 

調査レポートの概要

日本語タイトル:包装用樹脂の世界市場2018-2022
英語タイトル:Global Packaging Resins Market 2018-2022
・商品コード:IRTNTR23520
・発行会社(調査会社):Technavio
・発行日:2018年11月21日
・ページ数:117
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル、アジア、北米、ヨーロッパ(EMEA)
・産業分野:化学・材料

 

調査レポートの目次(一部抜粋)

・エグゼクティブサマリー
・調査範囲・調査手法
・包装用樹脂の世界市場概要
・包装用樹脂の世界市場環境
・包装用樹脂の世界市場動向
・包装用樹脂の世界市場規模
・包装用樹脂の世界市場:業界構造分析
・包装用樹脂の世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料、消費財、医療分野、その他)
・包装用樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析
・包装用樹脂の北米市場規模・予測
・包装用樹脂のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測
・包装用樹脂のアジア太平洋市場規模・予測
・包装用樹脂の主要国分析
・包装用樹脂の世界市場:意思決定フレームワーク
・包装用樹脂の世界市場:成長要因、課題
・包装用樹脂の世界市場:競争環境
・包装用樹脂の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)

「包装用樹脂の世界市場2018-2022:消耗電極型、非消耗電極型」調査レポート
https://www.marketreport.jp/global-packaging-resins-market-irtntr23520-report

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.