印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 伝統のオリジナル書体「秀英体」5書体 ウェブフォントサービス「FONTPLUS」に追加


【2016年2月29日】大日本印刷(DNP)は2月25日、DNPのオリジナル書体「秀英体」5書体のデジタルフォントを、ソフトバンク・テクノロジー(SBT)のウェブフォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」に追加でライセンス提供した。

フォント見本

「FONTPLUS」のようなウェブフォントサービスは、ユーザーの端末にフォントがインストールされていなくても、ウェブサイトの制作者が指定したフォントをブラウザで表示でき、導入することで表現力に優れたウェブサイトを構築が可能になる。
「秀英体」は明治時代からの伝統あるフォント。「FONTPLUS」へのライセンス提供は、2015年2月の提供に続くもので、計20書体の利用が可能になった。

DNPでは、秀英体の利用範囲をさらに広げるため、ウェブサイトを管理するシステムとウェブフォントサービスとの連携、電子書籍やデジタルサイネージ(電子看板)用のウェブフォント技術の展開などを進め、多様な分野へのライセンス提供を行っていくとしている。

「FONTPLUS」の詳細
http://webfont.fontplus.jp/

「秀英体」の詳細
http://www.dnp.co.jp/shueitai/


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.