プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

フォーム工連「通常総会」をオンラインで開催 新会長に小林友也氏(小林クリエイト) 山口専務理事が退任


【2020年6月3日】日本フォーム印刷工業連合会(フォーム工連)は6月2日、オンライン会議システムを使用し、「2020年度 通常総会」を開催した。

冒頭、櫻井醜会長が「コロナウイルスの感染拡大で、総会がこのような形になったが、総会が開催できた。また、関係各位の努力で当協会の認知が進んでいることに感謝する」と述べ、議案の審議に移った。

 

通常総会

総会は山口実専務理事が、ファイルを共有しながら議案書と読み上げ審議を進めた。

「第1号議案 2019 年度事業報告並びに収支決算報告承認の件」では、2019年度に行われた事業を振り返った。
講演会では2019 年度夏季講演会「世界のエリートはなぜ『美意識』をきたえるのか?“世界は変わり、戦い方も大きく変わる”」(山口周氏)。セミナー・ワークショップでは「サーバントリーダーシップ連続講座」「アクティブ・ブック・ダイアローグ講座」「危機管理連続講座」「経営の見える化勉強会」、技術研修では「ビジネスフォーム印刷技能研修会」などの取り組みを紹介した。

また、日本印刷産業連合会の「第4回 女性活躍推進セミナー」では、櫻井醜会長が講師となり、「ダイバーシティ・マネージメント-“ガラスの天井”を打ち破る-」をテーマに講演した。

「第2号議案 2020 年度事業計画案並びに収支予算案承認の件」では、「日印産連事業活動への積極的な参画」「各地域の『フォーム印刷工業会』の団体活動に対する支援」「委員会活動による課題の討議と諸施策の実施」などを提案。フォーム工連の特長である特色ある勉強会「寺子屋活動の継続」などを強く打ち出した内容となった。

「第3号議案 任期満了に伴う役員改選の件」では、2020年度の理事を選出し、新会長には小林友也氏(小林クリエイト)を推薦した。
これらすべての議案は、賛成多数で承認された。
なお12年間、フォーム工連の専務理事を務めた山口実氏も、これをもって退任となった。

総会の最後には、櫻井醜会長が次のように退任のあいさつを行った。

 

櫻井会長挨拶

フォーム印刷は「ならでは」の強さがある。私は「フォーム印刷=インフォメーションビジネスである」という意識をもって会長を務めさせてもらった。
単なる通知物を印刷するのではなく、個人に対して伝えたいものを確実に伝えていくことがこの仕事で、フォーム工連会員の圧倒的なシェアの元でなされている。

政府の給付金のように新たな仕事が生まれており、我々の仕事は、オンラインとオフライン両方が伴って、一つのビジネスとなっている。
当工業会では、オン・オフ両方を武器に持ったハイブリッド体制の中でインフォメーションビジネスを推し進めていくというコンセプトを推進してきた。その延長の中で寺子屋も開催した。

最終的には、フォーム工連の品格を上げ、社格を上げ、認知度を上げていくという作業をしていかなければならない。フォーム工連全体の認知度をどうやって上げていくか、持てる能力をどうアピールしていくかが大切だ。
ぜひとも、これまでやってきたことを参考にし、今後も事業を行ってほしい。

前回4年、今回2年の会長職により、皆さんと一緒に、私自身も学ぶことができた、当業界発展の努力をしてきたという意味で悔いはない。
これから続く方たちには、「これをどう進めていくか」をお願いしたい。

 

小林新会長挨拶

初めての挨拶が、このWeb上ということになった。こういった取り組みを、どこの企業もやっていかなければならないということだろう。
大変な時期に会長を務められた櫻井前会長には、感謝を申し上げる。

新会長として、新しいスタイルでスタートしなければならない状況だ。コロナの中で、大変な思いをしている会社もあり、各社のアイデアを集結して取り組んでいかなければならないと思う。
お客様、他の企業も、かなり売り上げが落ちており、今までのビジネスがゼロになったという感覚を持っている人も多いと思う。だからこそ、新しいスタートを切っていくと言う意思で一緒にやっていけたらいいと思う。

今回のようにZOOMを有効に使い、Webセミナーなど東京に集合しなくても、さまざまな情報を得られるような取り組みを、当業界から進めていこう。
皆様のお手伝いをいただきながら、この状況を乗り切ろう。これから2年間よろしくお願いしたい。

 

2020年度 第2回理事会

理事会の議事進行は大平直木新専務理事が引き継ぎ、議案の審議を行った。

大平専務理事は冒頭にあいさつし「山口前専務理事、本当にありがとう。私がやるべきことは2点あると思っている。一つは、会員の皆様へ新鮮で有益な情報をお届けすること。二つ目は継続的に寺子屋活動を行い、会員の皆様に教育の場を提供し、ビジネスフォーム業界の価値を向上すること。今年は少し難しい状況だが、小林新会長からも効率的な運用をしてほしいと言われており、これを進めていく」と述べた。

審議では以下の議案がすべて承認された。

第1号議案 会長選任の件
第2号議案 副会長、専務理事、常任理事指名の件
第3号議案 委員会委員委嘱の件

続いて退任および新役員と、12年間専務理事を務めた山口実氏からも挨拶があり、理事会は終了した。

 

山口専務理事挨拶

まったく技術畑の人間で、場違いなところを、皆さん、特に歴代の会長には支えていただき本当に感謝している。今後ともフォーム工連をぜひ支えていただき、刷業界の中でナンバーワンの地位を確保し続けてほしい。
今回、新会長、新専務理事に代わり、副会長も若返り、今後に期待している。何かあればいつでも声をかけてほしい。

 

新役員名簿

会 長 小林 友也 小林クリエイト 代表取締役社長

副会長 坂田 甲一 トッパン・フォームズ 代表取締役社長
副会長 小谷 敬二 イセトー 代表取締役副会長
副会長 林 陽一 光ビジネスフォーム 代表取締役会長
副会長 和田秀一郎 プロゴワス 代表取締役社長
専務理事 大平 直木 トッパン・フォームズ 専従
常任理事 岩間 薫 トッパン・フォームズ ESB 運用OS 汐留センター担当
常任理事 川口 稔 北越ケージ 取締役営業本部長
常任理事 和田 英久 イセトー 執行役員事業企画室長
常任理事 大橋 輝臣 共同印刷 執行役員事業部長
常任理事 渡辺 淳也 恵和ビジネス 代表取締役社長
常任理事 立花 志明 山川印刷所 代表取締役社長
常任理事 山本 裕之 小林クリエイト 執行役員中部・西日本営業本部長
常任理事 中川 良樹 ジェイビーエフ サプライ 代表取締役社長
常任理事 湯川 真 新生 専務取締役
常任理事 福田 学 MCP 会長
常任理事 佐々木慎一 河和田屋印刷 代表取締役社長

理 事
川口 理一郎 三条印刷 代表取締役社長
理 事 朝日 健之 木万屋商会 代表取締役社長
理 事 日暮 秀一 太陽堂印刷所 代表取締役社長
理 事 山田 政彦 豊栄堂印刷所 代表取締役社長
理 事 入野 康 小林クリエイト 執行役員首都圏・東日本営業本部長
理 事 村松 孝義 昇寿堂 取締役社長
理 事 水谷 勝也 富士印刷 代表取締役社長
理 事 川畑 利之 相互ビジネスフォーム 代表取締役社長
理 事 山森 典穂 野崎工業 代表取締役社長
理 事 小林 基信 トッパン・フォームズ 営業統括本部 関西事業部 中四国営業本部 中国営業部長
理 事 谷 幸典  三協舎印刷所 代表取締役社長

監 事
岡田 辰哉 東洋紙業 執行役員
監 事 千葉誠  高速 代表取締役社長

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.