印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

ヨドバシカメラ クラウド型決済プラットフォーム「シンカクラウド」全店に導入 トッパン・フォームズ子会社TFPSが開発


【2015年10月9 日】ヨドバシカメラは全国22店舗で、トッパン・フォームズのグループ企業であるTFペイメントサービス(TFPS)のクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」を導入した。

利用シーン_ヨドバシカメラ マルチメディア博多

今回導入されたシステムは、さまざまな電子マネーや決済方法と「ヨドバシゴールドポイントサービス」をレジ前の1台のクラウド型決済機で一括処理できる。対応するのは交通系電子マネー、楽天Edy、iD、QUICPayといった主要な電子マネー。

ヨドバシカメラに導入した決済端末

これによりレジ作業が効率化される上、開発コストも従来型の約1/5まで圧縮されており、利便性の向上と利益の還元が見込めるという。
また、同システムは対面決済に加え、インターネット上で利用可能な非対面決済にも対応。ヨドバシ・ドット・コム上のインターネット決済でも、電子マネー決済の実現に向け取り組む。


Copyright © 2017 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.