プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

統計「フレキソインキの世界市場」を公開 市場拡大2022年には41億6000万㌦へ


【2017年5月17日】海外最新リサーチ「フレキソインキの世界市場:樹脂タイプ別、技術・用途別、2022年市場予測」がこのほど刊行され、世界のフレキソ市場について明らかにしている。
日本での取り扱いはリサーチステーション。

イメージ

レポートによると、フレキソインキの世界市場規模を2017年に、32億7000万㌦と推計。多様な用途での需要増加を背景に今後2022年には41億6000万㌦まで市場が成長すると予測している。

また、レポートでは2022年のフレキソインキの世界市場予測や、(市場規模US$、量ベースKiloton)、樹脂タイプ別市場、技術別市場(水性、溶剤型、UV硬化型)、用途別市場(フレキシブルパッケージング、段ボール、折り畳みカートン、タグ/ラベル)、主要国地域別市場など、各種の市場データと分析を掲載している。

このほか、市場考察や競合分析、主要メーカー企業10社動向などの情報も交えて、フレキソインキ市場の現在と今後展望を予測検証している。

フレキソインキの世界市場:樹脂タイプ別、技術・用途別、2022年市場予測

【英文市場調査レポート】
フレキソインキの世界市場:樹脂タイプ別、技術・用途別、2022年市場予測
Flexographic Ink Market by Technology (Water, Solvent, and UV Based), Resin Type (Nitrocellulose, Polyamides, Polyurethane, Acrylic), Application (Corrugated Cardboards, Flexible Packaging, Tags & Labels, Folding Cartons) – Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Flexographic_Ink_2022_MAM558.html

【レポート構成概要】
◆ フレキソインキの世界市場予測2015-2022年
・市場規模(US$)
・量ベース (Kiloton)

◆ 樹脂タイプ別、市場-2022年
・ポリアミド樹脂
・ニトロセルロース
・ポリウレタン
・アクリル樹脂
・その他樹脂
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆ 技術別、市場-2022年
・水性
・溶剤型
・UV硬化型
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆ 用途別、市場-2022年
・フレキシブルパッケージング
・段ボール
・折り畳みカートン
・タグ、ラベル
※(市場規模US$、量ベースKiloton)

◆主要国地域別市場-2022年
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
・ベトナム、タイ、インドネシア
・その他アジア太平洋
欧州
・ドイツ、ロシア、フランス、英国
・イタリア、トルコ、スペイン
・その他欧州
北米
・米国、カナダ、メキシコ
中東アフリカ
・イラン、サウジアラビア、アフリカ
・その他中東アフリカ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・競合状況
・市場シェア分析

◆ フレキソインキの主要企業プロフィール動向
・DIC株式会社
・SIEGWERK DRUCKFARBEN AG & CO. KGAA
・東洋インキSCホールディングス株式会社
・サカタインクス株式会社
・FLINT GROUP
・株式会社T&K TOKA
・THE BRADEN SUTPHIN INK COMPANY
・ALDEN & OTT PRINTING INKS COMPANY
・NAZDAR COMPANY INC.
・COLOR RESOLUTIONS INTERNATIONAL
・その他企業
(全139頁)

 

問い合わせはいかのURLから
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Flexographic_Ink_2022_MAM558.html

関連レポート
「粉体塗料の世界市場:2022年に至る樹脂タイプ別、需要家別市場予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Powder_Coatings_2022_MAM475.html


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.