プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【速報③】「サイン&ディスプレイショウ2018」 レーザー加工機・メディア・サイネージなど 「コムネット」「グラボテック」「日本郵便」「スリーエム」「エー・ピー・エス」「アイケーシー」


【2018年8月31日】「サイン&ディスプレイショウ2018」が今日8月30日、東京ビッグサイト西2ホールで開幕した。
開催期間は明日9月1日(土)までの3日間、午前10時~午後5時。

「サイン&ディスプレイショウ」はサイン(看板、案内板、銘板)やディスプレイ(広告・展示用装飾)などに関する資機材、サービスに関する総合見本市。今回は約130社が出展し、最新の機器や資材、技術、サービスなどを展示している。

プリント&プロモーションでは、デジタルプリント関連を中心に、速報③でも同展示会の開催中レポートをお伝えする。社名の後のカッコ内はブース番号。

【速報①】「サイン&ディスプレイショウ2018」 UV硬化型プリンタに注目「ミマキ」「EFI」「キヤノン」「武藤工業」「Xins」「SwissQ」

【速報②】「サイン&ディスプレイショウ2018」ラテックス&溶剤IJP 「エプソン」「OKI」「リコー」「HP」

 

速報レポート③

コムネット(78)は、新製品「GCC laser Cutter S400」を展示している。こちらもCO2とファイバーレーザーのデュアルタイプで、カットと金属へのマーキングが可能。
ブースではローランド ディー.ジー.のプリンタの出力物をカットするなど、プリントからカットまでをソリューションとして提案している。

グラボテック(47)は、自社のレーザーカッター「LS900 EDGE」と、ミマキエンジニアリングのIJP「UJF-3042MkⅡ」を使い、フルカラープリントからカッティングまでのソリューションを提案している。
「LS900 EDGE」はCO2とファイバーレーザーのデュアルタイプで、CO2ではアクリルや布、木材をカット、ファイバーでは金属へのマーキングができる。

日本郵便メンテナンス(83)は、超大型のデジタルサイネージや置き型電子看板を展示。
同社は日本郵便の車両や局周りの備品の納入をする子会社で、その事業を発展させサイネージ関連の販売・管理も行っているという。
サイネージは吉野家やエネオスで採用されており、屋外での耐候性も実績がある。

スリーエム(98)は「2018ラッピングバトル」と題して、自動車へのメディア施工のトナーメントを開催。クルマの一部を用意して本格的なラッピングをより短時間に規定にできるかを競い、会場を盛り上げ、自社製品の施工しやすさをPRしている。

看板の施工業ではエー・ピー・エス(88)が、薄型でウインドウなどに取り付けられるLED表示装置を多数紹介。2.6~5.9㎜までピッチが違う4種類の装置を比較して見せるなどで、来場者にアピールした。

アイケーシー(73)は、「フラッシュプリント」をPR。これはメディアに再帰反射性のある素材を使い。カメラフラッシュやスマホのライトで照らしながら撮影することで異なる絵柄を浮かび上がらせるというもの。
ブースの前ではスマホをかざして撮影する人の姿が多くみられた。

 

【速報①】「サイン&ディスプレイショウ2018」 UV硬化型プリンタに注目「ミマキ」「EFI」「キヤノン」「武藤工業」「Xins」「SwissQ」

【速報②】「サイン&ディスプレイショウ2018」ラテックス&溶剤IJP 「エプソン」「OKI」「リコー」「HP」

 

サイン&ディスプレイショウ2018

名称 第60回サイン&ディスプレイショウ SIGN&DISPLAY SHOW2018
主催 東京屋外広告美術協同組合
後援 東京都、一般社団法人日本屋外広告業団体連合会、関東地区屋外広告業組合連合会
会期 平成30年8月30日(木)31日(金)9月1日(土)、午前10時~午後5時
会場 東京ビッグサイト 西展示棟 西2ホール(東京都江東区有明3-11-1)

https://www.tokobi.or.jp

 


Copyright © 2018 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.