プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷「ユニバーサルマナーアワード 2017」の「インパクト部門」に選出


【2017年10月26日】凸版印刷は、日本ユニバーサルマナー協会が主催する「ユニバーサルマナーアワード 2017」の「インパクト部門」に選出された。

「ユニバーサルマナーアワード」は、高齢者や障がい者、LGBT、外国人など多様な人々の視点に立ち、心地よい取り組みを推進している企業・団体を表彰することが目的で今回が初開催となる。

凸版印刷が受賞した「インパクト部門」は、社会的なインパクトや積極的な対外発信の観点で波及性の高い取り組みを行っている企業・団体に贈られる。

凸版印刷 ユニバーサルデザイン

凸版印刷は、「印刷テクノロジー」を発展・進化させた製品・サービスを通じて、社会的課題の解決に向けた事業活動を実行している。
特にユニバーサルデザインでは、企業活動における最も基本的な考え方の一つとして、2001年に「トッパンユニバーサルデザイン7原則」を策定。その対応指針を、コミュニケーションデザインとパッケージデザインそれぞれ独自に設け、製品・サービスの開発を行ってきた。

また、2016年2月に締結したミライロとの業務提携を機に、関西地区を中心に、社員に向けた「障害者差別解消法」についての勉強会の実施や、「ユニバーサルマナー検定」の取得を推進している。

凸版印刷では「今後も、製品や施設デザインなどのハード面から、調査や対応マニュアルの策定、情報発信などのソフト面まで、より多くの人に利用しやすい製品・サービスの提供を通じ、社会的課題の解決に貢献していく」としている。

ユニバーサルマナーアワード2017
http://award.universal-manners.jp/awards2017


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.