プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

凸版印刷 コンペティション「くずし字認識チャレンジ」を開催 3月22日から募集を開始


【2022年3月23日】凸版印刷は、くずし字OCRに関するコンペティション「くずし字認識チャレンジ」を開催。3月22日から募集を開始した。
コンペティションは、SIGNATEが提供しているデータサイエンスプラットフォーム「SIGNATE」を活用して、優秀なAI技術者の知見を広く結集し。歴史資料の利活用に貢献するくずし字OCR(光学文字認識)技術を高度化させることを目的としている。

日本国内に数億点あるとも推測されている古文書や古記録などの歴史資料の多くはくずし字で書かれているため、現代では専門家以外には解読が困難になっている。
一部資料は研究機関などで厳重に管理されているが、損傷や紛失、焼失などのリスクにさらされている資料も多いという。

このような状況を受け、凸版印刷は長年培ってきたOCR技術を活用して2021年から、古文書解読とくずし字資料の利活用サービス「ふみのは」を提供している。
「ふみのは」はこれまでに多くの研究機関への導入が進んでおり、さらに高度化、高精度化が望まれているシステム。

今回のコンペティション開催により、凸版印刷がこれまで培ってきたくずし字OCR技術に新たな視点による最先端のAI技術を取り入れ、くずし字OCR技術の飛躍的な向上を目指す。
凸版印刷は社会的価値創造企業を目指し、文化資料の活用においてもDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する。

今後、コンペティションの入賞技術を活用し、高精度なAIくずし字OCRエンジンを開発。またくずし字OCR技術開発で得られた技術・ノウハウを活用し、くずし字以外の特殊字形OCR技術の開発やBPO事業事務局業務へのAI-OCR展開など、DXを実現する新規事業創出を目指す。

「ふみのは」について
https://www.toppan.co.jp/biz/fuminoha/

SIGNATE
https://signate.co.jp/

 


Copyright © 2022 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.