プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

大日本印刷 「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発 工場の生産や人員の計画など「組合せ最適化問題」を高速で処理


【2021年10月26日】大日本印刷(DNP)は、工場の生産や人員の計画など「組合せ最適化問題」を高速で処理する「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発した。

本ソフトウェアは、高価な量子コンピューターやスーパーコンピューターを使用する必要がなく、GPU(Graphics Processing Unit)搭載の従来のパソコン(PC)を使用し、個々の課題に合わせて、膨大な選択肢から最適な解を抽出する。

工場の生産計画や人員計画の最適化、物流や運送便の経路の最適化、複数エリアでの最適なセールス経路の決定など、社会生活や企業活動で直面する多様な「組合せ問題」に関して、高額な投資がなく最適解を高速で導ける。

「DNPアニーリング・ソフトウェア」では、複数のアニーリング手法により、多様な課題への対応が可能。また、企業の既存システムに組み込んだ利用が可能で、企業の既存のシステムやプログラムに替えて導入できる。
さらに入力データの整備や要求事項の調整作業など付随する機能・サービスも提供する。

今後、DNPは、「DNPアニーリング・ソフトウェア」を自社内で活用するほか、企業・団体等からのデータ処理を受託し、ノウハウの蓄積や精度向上を図る。
また、2022年度内に同ソフトウェアの事業化を目指す。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.