印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

凸版印刷 分別簡単な口栓付き紙パック「トルキャップ」を2017年3月から発売 「オルカット」シリーズの新製品


【2016年11月29日】凸版印刷は2017年3月から、使用後の解体が容易な口栓付き紙パック容器で、簡単に分離できる口栓の新製品「トルキャップ」を開発した。

凸版印刷 オルカット トルキャップ

「トルキャップ」は口栓付き紙パック容器「EP-PAK(イーピーパック)オルカット」シリーズの環境配慮型パッケージ。頭部下のミシン目に沿って前後に折り曲げて手で引き裂くだけで口栓の根元が割れる仕組みを実現し、簡単に分別できる。
従来のEP-PAK同様、内容物の保護性に優れ、常温での長期保存が可能。生産も既存設備に部分的な改造を加えるだけでできる。
価格は従来のEP-PAKとほぼ同等。

凸版印刷は今後、本製品を清酒・焼酎などの酒類業界はもちろん、飲料業界などにも拡販し、2017年度約4億円の売上を目指す。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.