印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷のオリジナル書体「秀英体」 デジタル出版支援サービス「Romancer」へ提供


【2016年11月25日】大日本印刷(DNP)は11月1日、オリジナル書体「秀英体」を、ボイジャーのデジタル出版支援サービス「Romancer」へライセンス提供した。

「Romancer」への提供は、1994年に同社が開発した電子書籍リーダー「エキスパンドブック」(エキスパンドブック形式)や「T-Time」(ドットブック形式)に続くもの。
今回のRomancerへの提供により、電子書籍ファイルの国際的な標準規格であるEPUB(イーパブ)形式でも秀英体が利用できるようになった。

秀英体 大日本印刷

Romancerは、MS WordやPDFのデータから電子書籍を制作可能。制作した電子書籍はウェブサイトでの公開や、オンデマンド本の作成といったセルフパブリッシングに活用できる。

秀英明朝体は、漢字と比べて仮名が一回り小さいのが特徴で、長文を読んでも疲れにくいと言われている。また、平仮名の「い」「う」「ほ」などが一筆書きで、クラシックなデザインも特徴。

秀英体 大日本印刷

DNPは秀英体の利用範囲を拡大するため、ボイジャーをはじめ多くのパートナーと連携し、さまざまなデジタル出版サービスや電子図書館サービスなどへの秀英体フォントのライセンス提供などを行っていく。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.