プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

KOMORI A全判オフ枚葉機「リスロンE37」 A全判オフ反転機「リスロンE37P」を追加

【2024年2月1日】小森コーポレーション(KOMORI)は2月1日、A全判オフセット枚葉印刷機 リスロンE37、 A全判反転機構付オフセット枚葉印刷機 リスロンE37Pをラインアップに追加した。

LITHRONE E37/37P

リスロンE37は、最大紙寸法640㎜×940㎜で、幅広い印刷ニーズに対応。A4や米レターサイズの8面付けでも、余白にCMSカラーバーを入れることが可能で、高品質が求められるページ物印刷に適している。
また、A1ポスターにも対応し、製本のレジスターマークなどのレイアウトも簡便に可能。最高印刷速度は13,000sphで、紙厚0.04~ 0.6㎜に対応し、中小ロットに威力を発揮するという。

反転機のリスロンE37Pは、片面・両面印刷に対応。最高印刷速度は片面機同様13,000sph、紙厚は片面印刷時0.04~ 0.45mm、両面印刷時0.04~ 0.3mmと薄紙から厚紙まで高品位な印刷を実現する。
用紙反転部は、渡し胴・吸着胴・反転胴に”倍胴-倍胴-単胴”の胴配列構成を採用し、スムーズでストレスのない紙搬送ができるという。
反転胴表面のフラット化により、キズ・コスレを解消。全自動反転切替え機能による素早い反転切替えとヒューマンエラーの低減も実現している。

独自のシミュレーションにより、ローラーの配列・構成を最適化したことで、ローラー上のインキが均等になり印刷品質が向上。ローラー本数を削減したことで、消費電力の削減とメンテナンスにかかる費用・時間・工数を低減。オペレーターの負荷を軽減する。

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.