印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

展望列車と4コマ漫画雑誌の「きらら」がコラボ マンガ「三者三葉」のラッピングとヘッドマークで盛り上げ


【2016年5月5日】「キララとウララ」といえば1984年に「センチ・メタル・ボーイ」でデビューしたアイドルデュオだが、今回は「きらら」と「きらら」がコラボした!
というのも芳文社のマンガ雑誌「まんがタイムきらら」と叡山電鉄の展望列車「きらら」のことだ。

「まんがタイムきらら」は萌えをテーマにした4コマ漫画雑誌。一方の展望列車「きらら」は、紅葉を見るための列車をコンセプトで内装をコーディネートされ、鉄道ファンや観光客に親しまれている。

きららコラボ1

マンガ雑誌「まんがタイムきらら」と当社の展望列車「きらら」との「きらら」つながりで、同市連載中で4月からアニメ放送開始の荒井チェリー原作の「三者三葉」とコラボレーションしたラッピング車両を5月3日(火・祝)から運行している。

ラッピングに加えヘッドマークデザインも変更。コラボレーションロゴも作成し、イベントを盛り上げる。
運行は9月末までを予定している。

きららヘッドマークロゴ

コラボ列車の運行表

 


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.