プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

コニカミノルタ デジタル印刷システム「AccurioPress C84hc」を発売 ハイクロマトナー(高彩度トナー)を採用 後加工の自動化も提案

【2023年11月1日】コニカミノルタは11月10日、デジタル印刷システム「AccurioPress(アキュリオプレス) C84hc」を発売する。

「AccurioPress C84hc」は、モニター画面に近い鮮やかな色合いを表現できるハイクロマトナー(高彩度トナー)を採用。独自の色再現性によりフォトビジネスやデザイン業務など新しい印刷需要を開拓した「AccurioPress C83hc」の後継機にあたる。
従来機のリアルな表現力に、断裁などの後処理、検品検査、用紙設定の自動化などのオプション群を追加。これらにより印刷現場の効率化を推進し、ビジネス拡大をサポートするという。

ハイクロマトナーの広い色域は、RGBのモニター色に近い色が再現可能。
CMYKトナーでは再現困難であった夕焼けの紫、花のピンク、ハイキーなグリーンやブルーなどをよりリアルに再現する。
アパレルカタログやファッション系のアイテム写真等で、フォトグラファーやデザイナーの意図をより忠実に伝えることが可能。

ハイクロマトナーは、粒状感が少なく、肌のざらつき感が抑えられた滑らかなスキントーンが得られるため、スタジオ写真の印刷、フォトブック印刷などに適している。
また、アニメの下書きやイラスト、ピンクや明るいグリーンの多い同人誌など、作者の色に対するこだわりを忠実に再現する印刷物を提供できるという。
このほかインパクトのあるPOPやポスター、パッケージへの活用などを想定する。

オプションのトリマーユニット(TU-510)は、装着すると、四方断裁、クリース(折り目)、ミシン目などの用紙処理を組み合わせて自動処理可能。複雑な印刷工程も短時間で大量に生産できる。

1枚の用紙から21枚(3×7)の名刺作成や、長尺紙への折り目加工、通紙方向に5本と通紙方向に対して垂直方向に2本ミシン目をつけるなどの作業が可能。印刷物をインラインで後加工し、付加価値の高いアウトプットを効率的に実現する。

連続プリント速度はA4サイズ81 ページ/分、A3サイズ45 ページ/分。出力解像度は3,600dpi × 2,400dpi、対応用紙坪量62~360g/㎡ 、長尺紙印刷1,300mm(片面)、864mm(両面)。
本体サイズはW800×D903×H1,076 mm 、重量約305kg。
価格は9,402,000円(税別)

 

Copyright © 2024 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.