プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

インクジェット出力事業協同組合「第2回通常総会」を開催 組合の意義を再確認


【2019年6月3日】インクジェット出力事業協同組合は5月30日、東京都の文京シビックセンターで「第2回通常総会」を開催した。

総会は組合員総数13に対し出席10、委任状3で成立。仲村邦弘代表理事があいさつし審議に移行した。

第1号議案「平成30年度事業報告書及び決算関係書類承認の件」
第2号議案「令和元年度事業計画、収支予算並びに経費の賦課及び徴収方法決定の件」
第3号議案「令和元年度借入金残高の最高限度決定の件」
第4号議案「手数料の最高限度決定の件」
第5号議案「役員報酬決定の件」
第6号議案「その他の件」
以上を審議し、すべて原案通り、満場一致で承認された。

 

仲村代表理事「次 期 通 常 総 会 に 向 け て」

仲村代表理事は総会終了後、「次 期 通 常 総 会 に 向 け て」というタイトルのあいさつ文を公表。
「組合誕生の本来の目的」では、「会員企業の総合補助」を掲げ、設備や物流、人員確保、自然災害時の援助などを呼びかける。

また「組合の日常活動」では、4種の委員会を立上げ、「組合の活性化と情報発信」「協同受注「組織拡大「福利・厚生事業」などを行う。

さらに「委員会活動の活性化」や「組合員加入増加への対策」「組合の財務体質の強化」にも取り組んでいく。

 


Copyright © 2019 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.