プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

印刷会社が食品販売!? 丸信の「九州お取り寄せ本舗」包装で支援から”直接売る”へ


【2017年4月12日】印刷・紙器の会社が「地元特産品の販売サイト」の運営を開始した。
九州お取り寄せ本舗 丸信

4月3日にオープンした「九州お取り寄せ本舗」(http://www.otoriyose.site/)には、「どんこ椎茸」や「いちご」などの農産品、「かまぼこ」や「ふりかけ」といった水産加工品、「純米酒」などのお酒といった商品が並び、さらには鍋物やカレーなどの料理も。
これらすべてに共通するのが九州由来の素材を使っていること。

九州お取り寄せ本舗 丸信

この「九州お取り寄せ本舗」は、福岡県久留米市の「丸信」が運営しているものだ。
丸信はシール印刷や紙器製造、包装資材販売などを手掛ける企業だが、なぜ印刷関連の会社が食品の販売を始めたのだろう。
そこには「九州を応援したい」という気持ちがあるという。

 

おいしさも、パッケージも世界最高峰

同社はもともとパッケージ印刷会社として、紙器やラベル、包材をなどパッケージ関連の資材を提供してきた会社。
パッケージは、「内容物の保護」や「輸送適性の向上」といった機能を持っているが、販売される店舗では、その商品を売るための最後のセールスマンとなるという一面もある。

九州お取り寄せ本舗 丸信

消費生活者がどれを買おうか迷った時に「最後の一押し」となるのが、パッケージだ。「おいしそう」「好きなキャラクターが印刷されている」「プレゼントがある」などを生活者が手に取りたくなる”何か”を発信している。

そんなパッケージからの販売支援を続けてきた丸信。昨年行われた「第26回シールラベルコンテスト経済産業大臣賞」と、世界の最高峰「第28回世界ラベルコンテスト(複合、ワイン・酒部門)最優秀賞受賞」も受賞している。

 

食の王国九州の隠れた逸品を発掘

その丸信が「九州のおいしい産品を、ネットで直接、消費者に販売してしまおう」と考え、それを形にしたのがこの「九州お取り寄せ本舗」だ。

九州は農産物の宝庫であり、農産品を加工する食品メーカーも非常に多く、丸信も食品メーカーの取引先が非常に多い。パッケージを丸信が印刷しているからこそ、見た目もネットを通じてアピールできるといったところか。

2月には「第9回 国際PB・OEM開発展」に、商品を掲載している食品メーカーとともに出展し、その存在をアピールし、今回のオープンに備えた。

九州お取り寄せ本舗 丸信 九州お取り寄せ本舗 丸信

同社では「食の王国九州で育まれた九州を代表する定番の食品から、まだまだ九州にある知られていない美味しい食材を全国へ発信していきたい」としており、今後さらに商品を増やしていく予定。

 

「九州お取り寄せ本舗」
http://www.otoriyose.site/
九州お取り寄せ本舗 丸信


Copyright © 2017 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.