プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

【年頭所感】沖データ 代表取締役社長執行役員 森孝廣 違いの分かるお客様に最高の商品を丁寧に


【2021年1月4日】明けましておめでとうございます。

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大がペーパーレス化を急加速させ、事務機業界にとり忍耐の1年でした。この厳しい環境下で頑張っておられる皆様にまずはエールを送りたいと思います。弊社も昨年は、海外ビジネスのダメージが大きく事業の抜本的な見直しを迫られる年となりました。

このような現状認識の下、OKIデータは昨年より事業の方向性を変えました。ペーパーレス化が加速する一般オフィス向けの汎用商品を合理化し、医療や流通小売など、印刷需要が堅調な『忙しいリアルな現場』向けに特化した商品を創造し、現場の生産性向上に貢献することを目指します。

一昨年と昨年は、その特徴的な新商品を4機種発売しました。7年間無償保証のC835/844dnw、カラーラベルプリンター PLAVI Pro1040/50、世界最小の多目的プリンター PLAVI Pro330S、そして究極のユーザビリティーを実現したC650dnwです。

この4機種はどれも他社機にないユニークな特徴があり、〝ハマる“お客様には必ず感動していただける商品です。弊社は改めてプリンターへの付加価値創造にチャレンジし、ハマるお客様や販売パートナー様とその付加価値の感動・共感の輪を広めることを目指します。

これからの複合機・プリンタービジネスは、それなりの商品を安く多く売るという発想では価値を生みません。違いの分かるお客様に最高の商品を丁寧に売り、永く使用していただくことが、持続的に利益を生み出す方法です。弊社はこうしたお客様の一助となるべく、頑張ってまいります。

 


Copyright © 2021 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.