プリント&プロモーション―デジタルプリントの専門サイト――

サントリー 自社ワインに「リサイクルPETボトル」を採用 今夏から順次変更


【2020年1月23日】サントリーワインインターナショナルは今夏から、「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」「デリカメゾン」などに使用している720mlPETボトルを順次、再生PET樹脂を原料にした「リサイクルPETボトル」に変更する。
また商品ラベルには、当社独自の「PETtoPET」マークを記載する。

サントリーグループは、「人と自然と響きあう」という企業理念、と理念に基づく「水と生きる」というステークホルダーとの約束の実現を目指し、グローバルにサステナビリティ経営を推進。2019年5月には「プラスチック基本方針」を策定し、2030年までにグローバルで使用するすべてのPETボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにすることで、100%サステナブル化を目指す。

同社では、今回のリサイクルPETボトルの導入などの取り組みを通じ、持続可能な社会の実現に向けたサステナビリティ経営を推進していく。

プラスチック基本方針
https://www.suntory.co.jp/news/article/13473.html

 


Copyright © 2020 プリント&プロモーション . ALL Rights Reserved.