印刷とユーザーをデジタルでつなぐニュースサイト 

大日本印刷 手動で透明と遮蔽切り替え可能な「DNP調光ブラインド スマートシェード」を開発


【2016年4月11日】大日本印刷はこのほど、2枚のガラスをスライドさせることで、透明から遮蔽に切り替えが可能な「DNP調光ブラインド スマートシェード」を開発し、販売を開始する。

dnp040605

この「DNP調光ブラインド スマートシェード」は発売に先行して、JR桶川駅西口の商業施設「桶川マイン」に新設された「桶川市駅西口図書館」に導入された。

同製品は偏光板に使われる光学フィルムの技術を利用し、光の通過や遮断をコントロールできるため、手動で簡単に「透明」「遮蔽」を切り替えられる。電気で「透明」「遮蔽」を切り替える従来の製品と異なり、電力が不要なため省エネに寄与。また複雑な配線が必要ないため、施工時間も短い。

構造がシンプルなため製造しやすく、外形の厚みも約24mmと薄く、パーティションや窓などへの設置が可能。ガラスにフィルムを貼った構造であることから、ガラスが割れた場合の飛散も抑制する。
カラーも黒、青、紫、黄色などをラインアップする。

dnp040603

今後大日本印刷では、同製品を住宅やオフィスビル、文教施設、商業施設、医療施設などに販売し、2020年に年間30億円の売上を目指す。


Copyright © 2016 プリント&プロモーション(印刷とユーザーをつなぐニュースサイトのプリプロ) . ALL Rights Reserved.